Government Official

国家公務員

国家公務員

国家公務員ってどんな仕事?

国家公務員とは、日本の行政機関や特定独立行政法人(製品評価技術基盤機構・農林水産省消費安全技術センター・国立病院機構・造幣局・統計センター・国立公文書館など)に勤務する者のことで、教職員・消防員のように地方公共団体に勤務する地方公務員とは区別される。

基本的に公務員は、国民生活や社会経済が保証されるために実施されるべきである事業のうち、民間の主体にゆだねた場合は必ずしも実施されないおそれのある事業や、特定の一組織が独占して実施する必要のある事業を実施するために働くことになる。給与は税金で賄われる。

営利を目的としないため、厳密な成果が求められないというような側面があるが、営利以外の、本来の組織の目的を常に考え、達成し続ける姿が望ましい。一般職と特別職の区分があり、国家公務員になるための方法は、この区分によって異なる。

一般職に就くためには、求人があったときに採用試験を受験し、通過すれば良い。この試験の難易度は概して高い。特別職とは国会議員・国務大臣・人事官・裁判官などのことで、このポストに就くためには選挙を勝ち抜く、任命権者に任命されるなどの決められた方法に準拠しなければならない。つまり特別職に就こうという場合は、一般職のように試験対策をすれば良い、というわけではない。スタートラインに立つ時点で実績と人望を積み立てておく必要がある。

また就任後も、目的意識を持ち、同時に意思表明をし続け、それが国民に評価されることになるため、頭の良さ、仕事の能率といったもの以上に、精神的なタフさやカリスマ性が求められる。

国家公務員関連の求人

国家公務員関連の求人をもっと見る

         

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

公務員・法律・政治系の職業

  

その他の職業一覧

※2003年出版書籍「13歳のハローワーク」(村上龍著)の情報を元にしているため一部古い情報が含まれている可能性があります。