Lawyer

弁護士

弁護士

弁護士ってどんな仕事?

弁護士の役目は「基本的人権を擁護し、社会正義を実現すること」と弁護士法に明記されている。その仕事は、刑事裁判では起訴された被告人のために、被告人の利益になる証拠を示したり、不利益となる証拠に反対意見を述べたりして弁護を行うこと。民事裁判では依頼を受けて訴訟手続を行い、裁判において依頼人の主張を法的な根拠を示して代弁することなどである。

また企業の顧問弁護士として、取引上のトラブルなどの解決に力を注ぐこともある。その他にも、紛争予防活動、人権擁護活動、立法や制度の運用改善に関与する活動など、誰もが安心して暮らせる社会の実現をめざして活動する。

弁護士になるには法曹資格が必要で、原則的に司法試験に合格後、司法研修所で修習を受けて、修了試験に合格した人だけが弁護士として活躍できる。

弁護士関連の求人

弁護士関連の求人をもっと見る

 

人気の条件別に求人を見る

週休2日制

       

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

公務員・法律・政治系の職業

  

その他の職業一覧

※2003年出版書籍「13歳のハローワーク」(村上龍著)の情報を元にしているため一部古い情報が含まれている可能性があります。