Certified Public Accountant

公認会計士

公認会計士

公認会計士ってどんな仕事?

企業が年度毎の決算を公表するときに、事前にそれを監査し、会計が公正であることを保証する。監査は、法的に義務づけられており、企業からの依頼を受けて、企業の経営状態を帳簿などの数字データから読み取り、その企業が合法的な会計をしていることを証明すること。

公認会計士になるには、2次にわたる国家試験を突破し、会計士補としての体験実習期間をへて、さらに第3次試験に合格しなければならない。そのため公認会計士試験は司法試験に次ぐ難関とされている。

資格取得後は監査法人に勤務するのが一般的であるが、一定期間の勤務後に独立して事務所を開設する人も多い。地方自治体も法定監査が義務づけられたほか、企業への情報開示を求める株主も増えてきており、需要は増加の傾向にある。

公認会計士関連の求人

公認会計士関連の求人をもっと見る

 

人気の条件別に求人を見る

正社員

 

パート・アルバイト

 

週休2日制

   

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

金融・経済・不動産系の職業

  

その他の職業一覧

※2003年出版書籍「13歳のハローワーク」(村上龍著)の情報を元にしているため一部古い情報が含まれている可能性があります。