Translator

翻訳家

翻訳家

翻訳家ってどんな仕事?

「出版翻訳家」と「産業翻訳家」の二つに翻訳家は大きく別れる。「出版翻訳家」とは、外国文学を翻訳して出版する人や外国映画に入れる字幕の文章の翻訳をする人のことを指す。「産業翻訳家」は、ビジネス文書や契約書などを翻訳する仕事を行う。

ビジネスの国際化が進むにつれて、産業翻訳家へのニーズは年々高まっており、出版翻訳家と比較して日本国内では圧倒的に需要も多いようだ。また、インターネットの普及に伴い、マスコミ業界などでは海外のホームページから最新情報やユニークな話題を得る機会も多く、プランナーやライターなどにとって翻訳の技能を持っていることは大きなアドバンテージになるだろう。

翻訳家の必須資格はないが、厚生労働省認定の「翻訳技能審査」の資格取得が一般的だ。さらに各種外国語の実用技能検定もあると有利。出版翻訳家は、これらに加えて文学的な素養も重要となる。単に外国語を直訳するだけでなく、それを日本語の文学作品として完成させる表現力がなければ仕事を行うのは難しい。

翻訳家関連の求人

翻訳家関連の求人をもっと見る

 

人気の条件別に求人を見る

正社員

 

パート・アルバイト

 

派遣

 

未経験OK

 

週休2日制

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

語学(英語・その他)系の職業

  

その他の職業一覧

※2003年出版書籍「13歳のハローワーク」(村上龍著)の情報を元にしているため一部古い情報が含まれている可能性があります。