Public Address

PA

PA

PAってどんな仕事?

楽器の種類によって、音の大きさは違う。また人間の声は、通常、楽器の音より小さい。コンサートなどにおいて、これらの音源をバラバラに出していたのでは、音のバランスが非常に悪い。また楽器の音に人間の歌声がかき消されて聞こえないなどという事態も起こりうる。

そこで考案されたのが「パブリックアドレス(PA)」というシステムだ。これは、楽器や歌など、すべての音源を一度ひとつにまとめ、ミキシングを行ってバランスを整えてから拡声するというシステムで、観客に最良のバランスで音楽を提供するためのものだ。

コンサートや演奏会において、PA機器を操作・調整する技術者を「PAエンジニア」と呼ぶ。

PA関連の求人

PA関連の求人をもっと見る

 

人気の条件別に求人を見る

正社員

 

パート・アルバイト

 

派遣

 

未経験OK

 

週休2日制

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

音楽・音響・イベント系の職業

  

その他の職業一覧

※2003年出版書籍「13歳のハローワーク」(村上龍著)の情報を元にしているため一部古い情報が含まれている可能性があります。