IT Coordinator

ITコーディネータ

ITコーディネータ

ITコーディネータってどんな仕事?

経営とITに精通し、経営的な観点から企業の成長に役立つIT投資を支援するプロフェッショナルのこと。経営とITの架け橋となる人材を育成するために、2001年、通商産業省(現:経済産業省)が旗振り役となり、ITコーディネータ制度が創設された。

ITコーディネータは、特定非営利活動法人(NPO法人)が認定する民間資格である。ITコンサルタント、IT技術者(PM:プロジェクトマネージャ、SE:システムエンジニア)や税理士が、仕事の幅を広げるために資格を取得するケースが多い。資格を活かすには、経営とITの知識に加えて、顧客企業のビジネスの方向性や業界におけるポジショニングを的確に分析する能力や、提案資料を分かりやすく簡潔にまとめあげる企画および提案力が必要だ。

ITコーディネータ関連の求人

ITコーディネータ関連の求人をもっと見る

 

人気の条件別に求人を見る

正社員

 

パート・アルバイト

 

派遣

 

未経験OK

 

土日祝休み

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

コンピュータ(ビジネス系)系の職業

  

その他の職業一覧

※2003年出版書籍「13歳のハローワーク」(村上龍著)の情報を元にしているため一部古い情報が含まれている可能性があります。