Web Producer

Webプロデューサー

Webプロデューサー

Webプロデューサーってどんな仕事?

Webサイトを立ち上げるにあたり、クライアントの要望に応じて企画提案を行い、予算、条件、スタッフ編成を踏まえた上で、全体をプロデュースするのが仕事。予算や製作スケジュールを含めた全体の方向性を考え、Web完成までの責任を負う仕事である。

Webプロデューサーが描いた全体像はWebディレクターが引き継ぎ、制作現場の指揮を取るという形が基本だが、プロデューサーがディレクターを兼務するケースも非常に多い。したがって、Web制作の実務にも通じていたほうがよい。

ただしWebプロデューサーには、従来のテレビ、出版、音楽、映画などのプロデューサーと同じく、現在の世の中のニーズに合うものを作ることが必要で、世の中の動きを見る目とビジネス的な能力も必要なスキルである。Web制作とは関係のない仕事に見えても、いろいろなことを経験しておくことが、あとで大きな糧となる。

Webプロデューサー関連の求人

Webプロデューサー関連の求人をもっと見る

 

人気の条件別に求人を見る

正社員

 

パート・アルバイト

 

派遣

 

未経験OK

 

土日祝休み

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

コンピュータ(ビジネス系)系の職業

  

その他の職業一覧

※2003年出版書籍「13歳のハローワーク」(村上龍著)の情報を元にしているため一部古い情報が含まれている可能性があります。