Environmental Assessment Investigator

環境アセスメント調査員

環境アセスメント調査員

環境アセスメント調査員ってどんな仕事?

地域開発が自然に与える影響を事前に調査し、その結果をもとに、事業計画の妥当性や問題点を評価する。対象となるのは、空港・ダム・工場の建設や道路開発など、その計画区域や周辺の環境に何らかの影響を及ぼすような大規模な開発事業である。

環境アセスメント調査員はその開発予定地を訪れ、大気や水質の汚染、騒音や震動の発生、地形や地質の変化、動植物への影響、電波障害など、開発がもたらすさまざまな影響を総合的に調査する。自然環境をくまなく調べる必要があるため、季節ごとに何度もその地を訪れたり、夜行性動物の生態を知るために夜間調査を行うこともある。そのようにして得た調査結果をもとに、環境への影響を予測するのである。

もしも、周辺の生態系や社会環境に大きな影響を与えると判断した場合には、環境に配慮した改善策を提案することもある。また、場合によっては、開発後の環境変化を把握するためのモニタリング調査を行うケースもある。

環境アセスメント調査員関連の求人

環境アセスメント調査員関連の求人をもっと見る

         

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

自然・環境・バイオ系の職業

  

その他の職業一覧

※2003年出版書籍「13歳のハローワーク」(村上龍著)の情報を元にしているため一部古い情報が含まれている可能性があります。