Environmental Measurer

環境計量士

環境計量士

環境計量士ってどんな仕事?

水質の汚染濃度や騒音レベルなど、環境についての計量および計量管理を行う。

「環境計量士」は、それらの計量結果を証明するために必要な国家資格で、水質・土壌・大気の汚染濃度を測定分析する「濃度関係」と、振動・騒音を測定分析する「騒音・振動関係」の2区分がある。国や自治体、企業、個人などからの依頼を受けた環境計量士は、まず現場に出向いて適正な測定を行う。たとえば、工場排水や生活排水の汚濁物質、工場跡地の土壌汚染状況、工場・工事現場・道路・鉄道・航空機などの騒音・振動の測定などがある。その結果を分析し、計量データを提出するのが主な業務である。

また、計量機器の整備、計量の正確性の保持、分析方法の選定、結果の確認も環境計量士の仕事。環境計量士が証明した測定結果は、公害問題などを解決する際の判定基準になる場合もあるため、事業者側でも住民側でもない中立的な立場で測定・分析する責任がある。

環境計量士関連の求人

環境計量士関連の求人をもっと見る

 

人気の条件別に求人を見る

正社員

 

派遣

 

未経験OK

 

週休2日制

 

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

自然・環境・バイオ系の職業

  

その他の職業一覧

※2003年出版書籍「13歳のハローワーク」(村上龍著)の情報を元にしているため一部古い情報が含まれている可能性があります。