Child Welfare Worker

児童相談員(児童福祉司)

児童相談員(児童福祉司)

児童相談員(児童福祉司)ってどんな仕事?

各地の児童相談所で、18歳未満の子どもに関するあらゆる相談に応じ、問題解決のための調査や援助を行う。子育てやしつけの悩み、不登校やいじめ、心や体の障害の問題、保護者の事情による養育問題、虐待、非行などの相談内容に対し、環境面と心理面の双方から適切な解決策を探っていく。

児童相談員の職務は「児童福祉司」と「心理判定員」に分けられる。寄せられた相談に対し、子どもを取り巻く環境面からアプローチするのは「児童福祉司」の役割。保護者や担任教師との面接などを行って、家庭環境や生育歴などを調査した上で問題の原因を探る。

「心理判定員」は、子どもと面接して行動を観察したり、心理テストやカウンセリングを実施したりして、心の状態や知能・生活能力などを診断する。場合によっては医師や保育士、学校、警察などとも連携することもある。所長を交えた会議で最終的な指導や援助を決定した後も、必要に応じて子どもや保護者をサポートし、子どもの健全な成長を助ける大切な存在となる。

子どもへの深い理解はもちろんだが、問題解決の熱意と判断力、他の専門職との協調性、そして個の秘密を漏らさない厳格さも必要である。

児童相談員(児童福祉司)関連の求人

児童相談員(児童福祉司)関連の求人をもっと見る

 

人気の条件別に求人を見る

正社員

 

パート・アルバイト

 

派遣

 

未経験OK

 

土日祝休み

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

福祉系の職業

  

その他の職業一覧

※2003年出版書籍「13歳のハローワーク」(村上龍著)の情報を元にしているため一部古い情報が含まれている可能性があります。