Nursing Insurance Assistant

介護保険事務

介護保険事務

介護保険事務ってどんな仕事?

介護保険制度のもとで介護サービスを提供した会社や施設は、サービス料金の1割を利用者から、残り9割を自治体から介護報酬として受け取る。その「介護報酬請求事務」などの事務処理にあたるのが、介護保険事務の仕事。

介護福祉の現場では、直接的な介護サービス以外の事務作業量も意外に多いが、介護職だけではその事務処理にまで手が回らないため、介護保険に関する専門的知識をもつ事務職が求められている。資格は特に必要ないが、介護保険制度の基本的な仕組みや給付管理業務、請求実務の知識と実務能力が求められる仕事なので、民間団体が認定する介護事務資格を取得しておくと有利。

職場となるのは在宅介護サービス会社や介護施設、病院などで、職場によっては、介護報酬請求事務だけでなく、売上の集計・管理や受付業務なども担当する。介護保険事務が正しく処理されなければ、介護サービス会社や施設は保険収入が得られない。介護福祉の現場を専門的な事務能力で支える存在といえる。

介護保険事務関連の求人

介護保険事務関連の求人をもっと見る

 

人気の条件別に求人を見る

正社員

 

パート・アルバイト

     

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

福祉系の職業

  

その他の職業一覧

※2003年出版書籍「13歳のハローワーク」(村上龍著)の情報を元にしているため一部古い情報が含まれている可能性があります。