Nursing Assistant

看護助手

看護助手

看護助手ってどんな仕事?

病院や高齢者施設などで看護師の指示のもとに、さまざまな補助作業を行うのが看護助手だ。医療行為はできないが、患者・入所者の身のまわりの世話や病棟・施設内の細かな作業をこなす。

入院患者の身のまわりの世話は介護ヘルパーの仕事に近く、環境整備(シーツ交換、室温調整など)・食事援助(配膳、セッティング、自力で食べられない人への食事の介助など)・清潔援助(入浴介助、洗髪介助、入浴できない人のからだを拭くなど)・排泄介助(おむつ交換、ポータブルトイレの清掃)・移動、移送援助(車いすやストレッチャーなどを使った移動補助)と多岐に渡る。

ほかにカルテやレントゲンフィルムを運んだり、薬局に薬を受け取りに行ったり、医療器具を洗浄・整理するなど、医療行為以外の作業で医療・介護の現場を支えている。 病院・施設によってヘルパー資格や介護福祉士資格を求めるところもあるが、基本的に「看護助手」という資格は存在しない。勤務先によっては日勤・夜勤などのシフト勤務をとるところもある。

看護助手関連の求人

看護助手関連の求人をもっと見る

 

人気の条件別に求人を見る

正社員

 

パート・アルバイト

 

派遣

 

週休2日制

 

未経験OK

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

医療・看護・歯科・薬系の職業

  

その他の職業一覧

※2003年出版書籍「13歳のハローワーク」(村上龍著)の情報を元にしているため一部古い情報が含まれている可能性があります。