Pharmacist

薬剤師

薬剤師

薬剤師ってどんな仕事?

薬局や病院に勤め、医師の処方箋に従って薬を調剤する。ほかに、血液センター、製薬会社や大学、バイオビジネスの研究所などで働く薬剤師もいる。また、国や都道府県の職員として、産業廃棄物処理施設などの事業の許認可や土壌・水質検査、薬品検査、有害・有毒物質の検査などを行う人もいる。

薬剤師になるには、4年生の薬学系大学や大学の薬学部を卒業し、国家試験を受ける。ただし、将来的には、薬剤師も医師と同じように大学は6年制になる。そして、やがては現状よりもさらに医師が診断・治療し、薬剤師が薬を調剤するという医薬分業が進むことが予想される。

大規模なチェーン店の薬局が増えたこともあって、今でも薬剤師は不足しているし、さらに需要は増える。ただ、これからその重要度が増すにしたがって、医療・薬品の情報開示という社会的な圧力もあり、バイオなどを含む新しい薬剤の知識や、医師との連携など、薬剤師の能力と知識が今まで以上に問われることなる。

薬剤師関連の求人

薬剤師関連の求人をもっと見る

 

人気の条件別に求人を見る

正社員

 

パート・アルバイト

 

派遣

 

週休2日制

 

主婦歓迎

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

医療・看護・歯科・薬系の職業

  

その他の職業一覧

※2003年出版書籍「13歳のハローワーク」(村上龍著)の情報を元にしているため一部古い情報が含まれている可能性があります。