Food Coordinator

フードコーディネーター

フードコーディネーター

フードコーディネーターってどんな仕事?

テレビや雑誌などで紹介される料理のメニューを考えることから、食材の仕込み、セッティングなどを担当する。テレビや映画、広告などの食事シーンの演出も手がける。見るおいしさを伝えることが多いので、センスやテクニックも必要。

食のコーディネートのほかにも、食関連の雑誌や単行本の企画を立てたり、レストランやホテルに就職して新メニューを考えたり、食品メーカーに就職して商品開発に携わったりと、その職域は広がっている。

専門学校などに通って勉強することもできるが、プロのアシスタントをしたり、関連の仕事をしながら実力を身につけることもできる。日本フードコーディネーター協会の認定資格があるとプラスになることもある。ここ数年、安全な食品や健康に対する関心が高まっていることもあり、今後もフードコーディネーターの活躍の場は広がっていくことだろう。

フードコーディネーター関連の求人

フードコーディネーター関連の求人をもっと見る

 

人気の条件別に求人を見る

正社員

 

週休2日制

     

※求人情報の検索は株式会社スタンバイが提供する求人検索エンジン「スタンバイ」となります。

調理・栄養・製菓系の職業

  

その他の職業一覧

※2003年出版書籍「13歳のハローワーク」(村上龍著)の情報を元にしているため一部古い情報が含まれている可能性があります。